宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
所沢市牛沼新築建売住宅 ≪ガリバリウムと無垢の木の外壁≫の家

 

 

埼玉県所沢市と東京都東京都東村山市秋津町にお店をかまえて

不動産業を営んでいる株式会社宏陽の田島猛です。

 

写真と間取りは、当社が売主で直売している所沢市の新築建売住宅の一つです。

全2棟の第9牛沼のA号棟です。(税込み価格 2,680万円 売主の為、仲介手数料不要)

 

所沢駅からは距離はありますが、国道463号線にもすぐに出られ、車の便は良いところです。

 

 

 

外壁のガルバリウムをはり始めました。

 

前にご紹介した本からガリバリウムの良さを書いたところを抜粋します。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  *  *  *  *  *

[ 汚れやすさやメンテンナンスの知識 ]

将来的な汚れやメンテナンスについては、クライアントはなかなかイメージしにくいものです。住んでから

も快適かつお金をかけずにするように、将来を見据えて材料の選定を提案したいところです。

たとえば、最も一般的な窯業(ようぎょう)系サイデング(セメントを主原料とした板状の乾式外壁材)は、

縦目地のシールが切れる可能性があるため、シールの打ち替えが10年ごとに必要になります。そのころには、

面全体は薄汚れ、白っぽい粉が浮いてくるチョーキング現象が起こることがありますから、約10年で足場を

組んで再塗装するというのが一般的です。

ガルバリウムであれば、目地もないし吸水もないので劣化しにくく、20年程度は何もする必要なありません。

木材なら焼杉が傷みにくい材料です。さらに軒を出せば、外壁の保護になって耐久性は向上します。

こんなことをアドバイスすれば材料の選定も形の作り方も変わってきます。

『新米建築士の教科書』著者 飯塚豊 発行所 秀和システム 2017年3月20日初版発行 P80より

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  *  *  *  *  *

「外壁材の選び方」

外壁材も、まがいもの感満載の窯業系のサイディングだけはなんとかしたいものです。

防火性能のある窯業系のサイディングは気楽ですが、約10年でコーキング(気密性や

防水性のために隙間に詰める、可塑性、復帰性のある充填剤)の打ち替えや塗装の塗

り直しが発生しますから、決して安い材料ではありません。窯業系サイディングにす

るくらいなら、コーキング無しで納められるし、通気層も作りやすいガルバリウム鋼

板の波板をベース素材としたほうがよいでしょう。波板が嫌なら、同じガルバでも、

スパンドレル、縦ハゼ、横葺きといったものを採用する手があります。

お勧めはガリバリウムと木を組み合わせる方法です。

雨がかりにならず、かつメンテナンスのしやすいゾーン、たとえば1階の玄関まりな

どにアクセントで木を使えば、貧相になることもありません。

『新米建築士の教科書』著者 飯塚豊 発行所 秀和システム 2017年3月20日初版発行 P162より

 

* * * * * * * * * * * * * * *

玄関回りは無垢の木をはります。

 

物件の概要 →→ http://www.koyoc.co.jp/baibai/cyokubai/ushinuma_a.html

 

<売主&問い合わせ先>

〇株式会社 宏陽

担当 田島猛

本店 埼玉県所沢市上安松976-18

           04-2995-3857

  秋津支店 東京都東村山市秋津町5−12−12

042-391-2222

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyoprope.jugem.jp/trackback/621