宏陽・社長のブログ

社長がアパートなどの賃貸お薦め物件や自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
最近はまっている小説  その1

最近3ケのシリーズ物の小説にはまっています。

 

それは

 

一、阿部智里著 「八咫烏シリーズ」

 

二、高田大介著 「図書館の魔女シリーズ」

 

三、月村了衛著 「機龍警察シリーズ」

 

の3ケです。

 

番号を振っていますが、特に意味がありません。

どのシリーズも甲乙つけがたく、とても面白いです。

 

一の「八咫烏シリーズ」は一巻目が文庫で出た時は2〜3頁を読んで、

どういうわけかそのまま読まないでほっていました。

妻が私のかわりに面白そうに読んでいました。

 

最近、単行本で6巻目『弥栄の烏』が発刊されました。

 

巻1 『烏に単は似合わない』

巻2 『烏は主を選ばない』

巻3 『黄金の烏

巻4 『空棺の烏

巻5 『玉依姫

巻6 『弥栄の烏

 

これもどういうわけか、文庫版の『『空棺の烏』を購入した時に

これは読めそうだと思い巻4から読み始めました。

そして、巻4 → 巻3 → 巻2 → 巻1 と

逆に読みました。

 

そして、その後、 巻1→ 巻2 → 巻3 → 巻4 と再度読みました。

 

そして、文庫版が出るまで待とうと一時は思ったのですが、

待てなく、まだ単行本しかない 巻5 と 巻6を昨日買いました。

 

昨日の夜から 巻5『玉依姫』を読み始め、今日の朝少し早く起き、

読み終わりました。

 

阿部智里さんはとても上手な作者です。

そして、上手だけなく、心に訴えるものが書ける作者だと思います。

今夜 巻6『弥栄の烏』を読むのが楽しみです。

 

続く

スポンサーサイト
- | 18:43 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyoprope.jugem.jp/trackback/550