宏陽・社長のブログ

社長がアパートなどの賃貸お薦め物件や自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
白い雲と黒い雲
秋津建売住宅

本日、
東村山市秋津町一丁目の建売現場で
現地販売会を行いました。

写真は帰る時に
現場で撮った写真です。

そういえば
だいぶ前から
雲にはどうして
「白い雲と黒い雲」があるのか疑問に思ってます。

雲は「水の粒の集まり」だという知識があります。
白い雲も黒い雲も「水の粒の集まり」だということには
変わりがないはずです。

はじめに

「黒い雲は水の粒の密度がたかい」
     ↓
「そこで太陽の光が雲の裏側までとどかない」
     ↓
「したがって太陽の光があたってない雲の裏側は暗く、
 黒く見える」

と考えました。

それに
少し高いところから見ると
雲の陰が動いているのが
分かることがあります。
雲が確かに太陽の光をさいぎってます。

そうであるなら
黒い雲も
雲の上まであがって
太陽の側からみれば
白いはずです。

そう予想したので
飛行機の乗った時には
ドキドキして雲を見ました。

飛行機で雲の上まで行って
上から下の雲を見ると
どうだと思いますか?

残念ながら
雲の上から見ても
黒い雲があります。

予想は間違っていました。

そんなわけで
私は
「どうして白い雲と黒い雲があるか」
まで分かりません。

ゆっくりこの疑問に付き合っていきたいと思います。

所沢、秋津の不動産のことなら株式会社宏陽へ
株式会社 宏陽
所沢市上安松976−18
04−2995−3857
*明日も秋津町一丁目で現場見学会を開催してます*

スポンサーサイト
- | 18:51 | - | -
コメント
from: Tomoo AOYAMA   2009/01/12 12:57 PM
前略.
専門的になりますが,この問題についての参考資料です.論文:
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jccj/7/5/_contents/-char/ja/
北緯32度,東経120〜130度上空のSPM濃度
をご一読ください.
宮崎大学工学部准教授 青山智夫
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyoprope.jugem.jp/trackback/197