宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
断熱仕様の効果の体感的実感!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

埼玉県所沢市を中心に

建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。

 

次の写真は、所沢市上安松A号棟の屋根屋部屋の施工中を撮ったものです。

 

 

壁の断熱材は「高性能グラスウール 厚さ105mm」です。

熱抵抗値は2.8 (単位省略)です。

 

*熱抵抗値は数値が高いほど断熱性能が優れてます。

 

屋根の断熱は現場吹き付けの「硬質ウレタンフォームA種3  厚さ160mm」です。

熱抵抗値は4.44です。

 

次の写真は完成したものです。

 

 

 

屋根裏収納は、屋根に近いこともあり、

夏は暑いものです。

 

我が家は築20年間になりますが、

トステムのスーパーウォールです。

高気密、高断熱の家です。

 

その我が家の屋根裏収納の部屋と比べて、

上記の上安松A号棟は屋根裏収納の部屋は

涼しいくらいです。

 

スーパーウォールの家は、現在は坪80万円から100万円程度はするようです。

 

断熱仕様、熱抵抗値は、

費用をかければ上げることは容易です。

 

しかし、建築費に余裕がある方は少ないです。それなりの予算があるのが普通です。

 

費用対効果です。

 

当社の建売住宅の断熱仕様も、試行錯誤的に決めてきましたが、

上記の屋根裏収納での体感から言うと、

合格点をあげて良いです。

 

費用対効果もバッチリです!

 

東所沢E号棟も上安松A号棟とまったく同じ、

断熱材を使用してます。

 

東所沢E号棟は、ここで販売価格を190万円値下がしました。

もともと販売価格以上の価値のある物件だと

思ってました。

とても愛着のある物件です。

しかし、5000万円を超える価格ということも

あるのか、完成してから半年を経ちましたが、まだ売れてません。

 

そこで190万円値下げしました。

 

また、売主直売なので、仲介手数料が不要です。

 

自信も持って勧められる物件です。

 

お問合せをお待ちしてます。

 

 

「お問合せ先」

株式会社宏陽 秋津店

住所 東京都東村山市秋津町5-12-12 

電話 042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

HP         http://www.koyoc.co.jp/index.html

・建築士 田島猛 

・宅地建物取引士 田島大地

・インテリアコーディネーター 中村恭子

 

 

 

コメント
コメントする