宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
所沢市牛沼の新築建売住宅を2,080万円から2,130万円にした訳。

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


埼玉県所沢市を中心に建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


上記の建売住宅は売主の立場で行なっていますが、

今回、縁がありまして、仲介業者として、

所沢市牛沼の建売1棟現場で、

間取りの段階から関わらせていただき、

企画と販売をさせてもらっています。


間取りも決定して、建築確認も申請したので、

具体的な仕様を売主さんと相談しました。


断熱仕様を聞いたところ、通常の建売と同じという答えでした。


通常の建売住宅の断熱仕様は次です。



・屋根(天井)  通常グラスウール 

    密度 10kg/m3    厚さ 100mm


・壁     通常グラスウール

    密度 10kg/m3   厚さ 75mm

   

・床  スタイロフォーム 厚さ 30mm


・サッシ    アルミ


・ガラス  ペアガラス



変更してもらうことにしました。


初期費用はかかりますが、

冷暖房費のランニングコスト、

住み心地を考えたら、

断熱仕様をよくした方が、

断然お得です。


変更仕様は下記になります。



・天井  アクアフォーム 厚さ160mm


・壁      高性能グラスウール

    密度 16kg/m3   厚さ900mm


・床 高品質スタイロフォーム 50mm


・サッシ  樹脂


・ガラス Low-Eのペアガラス


これらをグレードアップするには、

70〜80万円程度します。


そこで、70〜80万円の価格変更でなく、

50万円の価格変更でお願いしました。


その結果、2080万円から2130万円に価格を

変更してもらいました。


本日、スーモにアップしました。


https://suumo.jp/sp/ikkodate/saitama/sc_208/pj_94103924/?kbn=2&bku=%2Fsp%2Fikkodate%2Fsaitama%2Foz_11208005%2F&iflg=1 


株式会社宏陽 秋津店

住所  東京都東村山市秋津町5-12-12 

電話  042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

・建築士  田島猛  

・宅地建物取引士  田島大地

・インテリアコーディネーター 中村恭子









コメント
コメントする