宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
若原一貴著『小さな家を建てる。』の考え方、仕様で自宅を建築する方を募集してます!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

今回のブログは、本日アメブロに書いた内容とほぼ同じです。

どうしても実現したいことなので、重複しますが書かさせてもらいます。

 

 

この『小さな家を建てる。』を良く目を通してます。

 

何度も見ているうちに、ここに書いてあるように建築したくなりました。

 

ただ、建売住宅で実現するにはかなりハードルが高いです。

 

建売住宅には、建築仕様にあまり関係なく、

その地域での相場があります。

 

 

上の写真は、東所沢E号棟です。

5,080万円で販売中です。

新築建売住宅ですが、

これを土地を購入して、この建物を注文建築で建築した場合は、まったく同様の仕上がりで500万円は高くなります。

 

『小さな家を建てる。』の仕様で、

新築建売住宅を建てると、採算が取れなくなります。

 

いつかは実現したいと思いますが、

なかなか難しいです。

 

読んで頂くと、

こんな風に建築したいと思ってくれる方は

結構いると思います。

 

そこで、そんな方と資金、仕様、間取りを

ご相談して、是非建築したいと思ってます。

 

読んで頂けるよう、著書から少し引用します。

 

○〈光の明暗で場を仕切る〉

設計時、もっとも腐心するのが「光の明暗」をつくり出すことです。 中略

人は無意識のうちに、光を感じながら場を選んでます。  中略

方角と立地条件から、窓の位置や大きさを考え、光を取り入れる量をコントロールしていくのです。P26より

 

○〈外観にも愛着を〉

長く住み続ける家ですから、外から見た時も「いい家だな〉と思える住まいにしたいもの。

小さな家の外観は当然コンパクト。この持ち味を最大限生かし、瀟酒(しょうしや)でかわいらしいたたずまいになるように工夫します。

P30

 

○〈踊り場を部屋にする〉

家を建てるとき、憧れの上位に入るのが書斎。小さくとも自分だけの書斎が欲しい。

P70

 

○〈ほどよくこもれるスペースをつくる〉

P78

 

○〈小さな家でも収納はたくさんつくれる〉

P94

 

○〈キッチンに1畳のパントリーを〉

P96

 

○〈心地よさのの決め手は「光と影」〉

P110

 

○〈物語をつくる漆喰壁〉

P114

 

是非読んでみてください。

 

『小さな家を建てる。』

https://www.amazon.co.jp/小さな家を建てる%E3%80%82-若原一貴/dp/4767825954

 

そして、自宅の建築に取り入れてみたい方は是非ご相談ください。

 

 

当社が売主の土地、また優先的に紹介出来る

仲介の土地もあります。

 

物件紹介

http://www.koyoc.co.jp/baibai/index.html#anchor2

 

 

ご相談先

 

株式会社宏陽 秋津店

住宅 東京都東村山市秋津町5-12-12

電話 042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

 

 

担当

建築士 田島猛

宅地建物取引士 田島大地

 

コメント
コメントする