宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
間取りを考える  子ども部屋

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

埼玉県所沢市を中心にスタイリシュで、機能的で、住み心地の良い新築建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


仕事ということもありますが、間取りを考えるのが好きで、毎日間取りを考えてます。


建売住宅という形をとってますが、

実質注文建築の場合も多々あります。


お客様の要望をお聞きして、間取りを考えます。そんな時に、お客様様の要望を聞きながら、こちらからも「こうしたらどうか」と提案をさせてる頂きます。


間取りは、実家で住んでいた時の間取りの経験や、その人の考え方、好みによって、とても変わります。


どれが正解というのが無いと思いますが、

子ども部屋を4帖半より小さくする提案は

なかなか採用されません。


最近、勉強させてもらっている本があります。



読んでいて、とてもおもしろいです。


その本のなかから、少し長いですが引用させてもらいます。


             

      *      *      *


13.個室はぎゅっと小さくまとめる


「小さな家の間取りは部屋の集合体にしない」といいましてが、必ずしも個室をつくらないわけではありません。プライバシーを気にする年頃のお子さんがいたり、自宅で仕事をされたりする建主からは、独立した子ども部屋や書斎をリクエストされます。


個室をつくるときは、なるべく小さくまとめるようにしてます。必要最小限のスペースと、最低限のしつらえがあればいいと。コストを抑え、パブリックな空間を充実させるために、予算をまわすほうが賢明です。


子ども部屋の場合、個室として使うのはせいぜい10年程度。広く居心地よくつくってしまと、個室にこもりがちになる懸念もあります。小さく簡素にまとめ、子どもが巣立った後、書斎や趣味室などに使いまわせるように設計します。


「辻堂の家」の個室は、大学生の息子さんのための部屋。広さはたった3畳です。半分のスペースを畳敷きにして、ふとんを敷いて寝るようにしました。


「同じ年頃の男の子に比べて、うちの息子は私たちとダイニングで過ごす時間が多いと思う」という建主の言葉に、我が意を得た思いがします。

 

    *      *      *


とても刺激的な本ですので、是非購入してみて下さい。


「広く居心地よくつくってしまうと」の文章に少し反発を感じたりしますが、小さな個室も個人的には好きです。


3帖の個室は、なかなか勇気のいる提案ですが、機会がある時は一つ案として、お客様に提案してみたいと思います。


我が社、株式会社宏陽が売主として、土地で販売している物件がいくつかあります。


所沢市東所沢で2区画、

所沢市上安松で5区画です。


また、仲介物件とした、


所沢市上安松で2区画

所沢市下安松で1区画、


そして、販売の準備しているのが、


所沢市上安松で1区画、

所沢市西新井町で4区画あります。


土地の購入のご相談、建築のご相談を

お気軽にしてください。


株式会社宏陽 田嶋猛

http://www.koyoc.co.jp/index.html 







 

コメント
コメントする