宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
完全分離型2世帯住宅  所沢市東所沢

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


東所沢に当社が売主の7区画の開発現場が有ります。



上の区画図では、A号棟は建売住宅になってますが、現況は更地です。


ここで、A区画とC区画を合わせて、

1区画にして、2世帯住宅を考えてみました。



どんな二世帯住宅にするか?

スタッフと議論しました。


・完全分離型2世帯住宅


・キッチン共有(メインキッチン、サブキッチン)型2世帯住宅


の二つが良いのではないかという結論になりました。


もちろん場合によっては完全同居型もあると思います。


しかし、洗面所と浴室は別別にしないと、トラブルの元になるという話を沢山聞きます。


キッチン共有型のイメージは、

若夫婦が共稼ぎで、おばあちゃんが孫(小学生なと)の夕飯の面倒をみている二世帯です。


まず、手始めに完全分離型2世帯の間取りを考えてみました。




左が1階間取りです。


これだと世帯の区切りが分かりづらいので、

色をつけてみました。


  (1階間取り)


左側は1階にLDKです。

右側は1階は居室の2部屋です。


 (2階間取り)


完成分離型だと、もし片方が空いた場合に、

賃貸で貸すことが出来る事です。


そんなことも想定して、世帯と世帯との区切りの壁には、なるべく収納などを配置して、

世帯同士の音が漏れないように設計しました。


実際に建築することがあれば、仕切りの壁は

しっかりと防音をするようです。


高性能グラスウールを入れるだけでもだいぶ違います。


興味のある方はご連絡ください。


明日の日曜日は、同じ場所のD号棟とE号棟で

現地販売会と内覧会を開催してます。


御来場をお待ちしてます。


株式会社宏陽 田島猛

http://www.koyoc.co.jp/index.html 





コメント
コメントする