宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
所沢で新築建売住宅を探している方へ  不動産相談窓口  「仲介手数料無料」と「仲介手数料不要」の違い(2)

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛てます。

 

先のブログで、

新築建売住宅を仲介業者を介して契約をした場合、

買主だけでなく、売主も、

仲介業者に仲介手数料を支払うことを書きました。

 

近年、「仲介手数料無料」の売買仲介業者が増えてきました。

 

どうして、お客様から仲介手数料を頂かなくても、営業を続けていけるのでしょうか?

 

先に書いたように

 

売主→仲介手数料→業者←仲介手数料←買主

 

売主、買主とも、仲介手数料を仲介した不動産業者に支払います。

 

売主→仲介手数料→業者←0円←買主

 

買主から仲介手数料無料にしても、

不動産業者は売主から仲介手数料をもらえます。

 

5,000万円(税抜)なら、171万6000円を上限とした仲介手数料がもらえます。

 

不動産業者は仲介出来なければ、収入は0円です。

0円より、1回の取引きの収入は少なくなりますが

「仲介手数料無料」と買主さんに宣伝して、

仲介が出来る方が良いと思う業者が増えるのは当たり前と言えば、当たり前です。

 

では「仲介手数料不要」は「仲介手数料無料」とどう違うのでしょうか?


「仲介手数料不要」は、

新築建売住宅の売主の不動産業者が

買主さんと(仲介業者がはさむこと無く)

直接取り引きをする時に使う言葉です。

 

このことを詳しく取り上げる前に

新築建売住宅の売主はどんな時に、

物件価格を下げるか、考えてみたいと思います。

 

(続く)

 

株式会社宏陽 田島猛 

http://www.koyoc.co.jp/index.html 

 

埼玉県所沢市、

東京都東村山市、清瀬市で

新築建売住宅を探している方、

新築一戸建ての建築を検討している方の

役立つような情報を発信してます。

また、不動産、建築に関する相談を

承ってます。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。