宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
建売の価格は総合的に比較する!

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


新築建売を購入する時、

・駅からの距離

・周りの環境

・間取り

・建物の仕様などを吟味すると思います。

それらを検討する前提に

予算があります。


新築建物の販売価格が

重要な要因です。


ですが、実際に必要な費用は 

販売価格の他に、

銀行ローン関係の費用

登記費用

仲介業者に支払う仲介手数料など

諸費用があります。


上記の諸費用は、契約から決済までに

かかる費用です。


また、別に実際に生活をスタートする

為の費用がかかります。

網戸ない物件もあります。その時は網戸代がかかります。

居室の照明も付いてないのが、

普通ですから、それらの照明器具代も

かかります。

カーテン、エアコンも普通は

付いてないですから、

それらの費用もかかります。


ですが、それらの網戸、居室の照明も

付いている物件もあります。

オーダーカーテンも売主負担の物件も

数少ないですがあります。


       *       *       *

ですから、

価格は

物件価格だけで比較するのでなく、


「物件価格」+「諸経費」+「付帯設備」で比較するべきです。


この中で一番簡単に費用を抑えられるのは、

売主物件を購入して仲介手数料を0円

にすることです。

来月から消費税が10%になりますので

ますますに仲介手数料を0円にする

のは有効です。


手前味噌になりますが、

現在売出している

東所沢A号棟、D号棟、E号棟

le coton上安松6棟は

直接のお客様の場合、

・仲介手数料は0円

・網戸付き

・照明器具付き

・オーダーカーテンサービスです。


それだけ、相当の節約になります。


費用は

「物件価格」+「諸経費」+「付帯設備」の合計で考えてください。


       *          *         *

「物件価格」+「諸経費」+「付帯設備」に「メンテナンス費用」を加えて

考えるのも必要かもしれないです。


例をあげます。



上の写真は、東所沢E号棟です。

屋根はガルバリウムです。

ガルバリウムの屋根は、普通よく使われているコロニアルの2倍の耐久性があります。

耐久性が2倍あるガルバリウムの屋根は、

それだけメンテナンス費用が少ないです。


ただ問題はそれほど単純ではありません。メンテナンス費用は、ガルバリウ

ムの方がコロニアルに比べて格安です

が、初めにかかる工事費を比べると

ガルバリウムの方がコロニアルより、

格段に高額です。


これは悩ましいことです。


ただ、注文建築と違って、建売住宅の

場合は、販売価格の中に屋根の工事が

入ってます。

ですから、同じ販売価格なら、

コロニアルよりガルバリウムの屋根の

建売の方が価値があることになります。


この辺の判断は難しいです。


         *          *             *


埼玉県所沢市、東京都東村山市を中心に、

○高品質、お洒落なデザインで

○住み心地の良い

○コストパフォーマンスの良い

《一戸建て》を企画、建築、販売してます。

 

住宅の取得の相談、建築のご相談を

営業本位にならず、

丁寧に行ってます。

 

毎週土曜日、日曜日に、

内覧会を開催してます。



 

無理にお名前、住所等をお聞きすることはありません。

 

現場でご相談して頂くと

現物を見ながらご相談できます。

また「失敗しない住宅取得」のパンフを差し上げます。

 

http://www.koyoc.co.jp/ 

株式会社宏陽  田島猛


○物件の問合せ先

株式会社宏陽  秋津店

042-391-2222

田島大地

 



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyoprope.jugem.jp/trackback/1139