宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
所沢市新築建売住宅 売主物件 天空率

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

埼玉県所沢市を中心に

スタイリシュで、機能的で、住み心地の良い

新築建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


下の写真は、当社の新築建売住宅の

le coton上安松A号棟です。


本日の午後4時に撮影したものです。


東から西に向かって撮りました。


右側のアンティークグリーンの

ラップサイディングの家が当社の建売住宅です。


左側の家と比べて、建物の高さが高いことが分かると思います。


この建物(le coton上安松A号棟)には

固定階段で上り下り出来る屋根裏収納があります。



天井高1.4メートルの屋根裏収納です。

この部屋全部で1.4メートルの天井高になってます。


この建物が建っている地域は、第一種低層住宅専用地域です。


この地域だと、通常だと屋根裏部屋の天井の高さがもっと低くなってしまいます。


部屋全部が1.4メートルでなく、80センチになったり、1メートルになったりします。


また、階段の天井なら高さがとれなくなります。


その為に、建物の高さを高くとりました。


しかし、普通であれば、北側斜線や道路斜線で、そこまで高く出来ません。


そこで2003年から施行された「天空率制度」

を使いました。


天空率とは、

魚眼レンズで空を見上げた「天空図」において、建物の投影されている範囲を除いた空の見える部分の割合がどれくらいかを示す指標です。


などと説明されていますが、


分かったようで分かりません。


天空率制度を使うことによって、

斜線制限が緩和されて、

今までの法的規制では出来ない

デザインの建物が建築出来ます。


天空率計算は、専門の方にお願いするので

1棟当たり10万円から30万円かかります。


また、高くなった分、外壁が余計にかかったりします。


ですが、固定階段で上り下りできる屋根裏収納ができて、良かったです。



株式会社宏陽 田島猛


http://www.koyoc.co.jp/baibai/cyokubai/kamiyasumatsu_a.html 




間取りを考える  子ども部屋

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

埼玉県所沢市を中心にスタイリシュで、機能的で、住み心地の良い新築建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


仕事ということもありますが、間取りを考えるのが好きで、毎日間取りを考えてます。


建売住宅という形をとってますが、

実質注文建築の場合も多々あります。


お客様の要望をお聞きして、間取りを考えます。そんな時に、お客様様の要望を聞きながら、こちらからも「こうしたらどうか」と提案をさせてる頂きます。


間取りは、実家で住んでいた時の間取りの経験や、その人の考え方、好みによって、とても変わります。


どれが正解というのが無いと思いますが、

子ども部屋を4帖半より小さくする提案は

なかなか採用されません。


最近、勉強させてもらっている本があります。



読んでいて、とてもおもしろいです。


その本のなかから、少し長いですが引用させてもらいます。


             

      *      *      *


13.個室はぎゅっと小さくまとめる


「小さな家の間取りは部屋の集合体にしない」といいましてが、必ずしも個室をつくらないわけではありません。プライバシーを気にする年頃のお子さんがいたり、自宅で仕事をされたりする建主からは、独立した子ども部屋や書斎をリクエストされます。


個室をつくるときは、なるべく小さくまとめるようにしてます。必要最小限のスペースと、最低限のしつらえがあればいいと。コストを抑え、パブリックな空間を充実させるために、予算をまわすほうが賢明です。


子ども部屋の場合、個室として使うのはせいぜい10年程度。広く居心地よくつくってしまと、個室にこもりがちになる懸念もあります。小さく簡素にまとめ、子どもが巣立った後、書斎や趣味室などに使いまわせるように設計します。


「辻堂の家」の個室は、大学生の息子さんのための部屋。広さはたった3畳です。半分のスペースを畳敷きにして、ふとんを敷いて寝るようにしました。


「同じ年頃の男の子に比べて、うちの息子は私たちとダイニングで過ごす時間が多いと思う」という建主の言葉に、我が意を得た思いがします。

 

    *      *      *


とても刺激的な本ですので、是非購入してみて下さい。


「広く居心地よくつくってしまうと」の文章に少し反発を感じたりしますが、小さな個室も個人的には好きです。


3帖の個室は、なかなか勇気のいる提案ですが、機会がある時は一つ案として、お客様に提案してみたいと思います。


我が社、株式会社宏陽が売主として、土地で販売している物件がいくつかあります。


所沢市東所沢で2区画、

所沢市上安松で5区画です。


また、仲介物件とした、


所沢市上安松で2区画

所沢市下安松で1区画、


そして、販売の準備しているのが、


所沢市上安松で1区画、

所沢市西新井町で4区画あります。


土地の購入のご相談、建築のご相談を

お気軽にしてください。


株式会社宏陽 田嶋猛

http://www.koyoc.co.jp/index.html 







 

完全分離型2世帯住宅  所沢市東所沢

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


東所沢に当社が売主の7区画の開発現場が有ります。



上の区画図では、A号棟は建売住宅になってますが、現況は更地です。


ここで、A区画とC区画を合わせて、

1区画にして、2世帯住宅を考えてみました。



どんな二世帯住宅にするか?

スタッフと議論しました。


・完全分離型2世帯住宅


・キッチン共有(メインキッチン、サブキッチン)型2世帯住宅


の二つが良いのではないかという結論になりました。


もちろん場合によっては完全同居型もあると思います。


しかし、洗面所と浴室は別別にしないと、トラブルの元になるという話を沢山聞きます。


キッチン共有型のイメージは、

若夫婦が共稼ぎで、おばあちゃんが孫(小学生なと)の夕飯の面倒をみている二世帯です。


まず、手始めに完全分離型2世帯の間取りを考えてみました。




左が1階間取りです。


これだと世帯の区切りが分かりづらいので、

色をつけてみました。


  (1階間取り)


左側は1階にLDKです。

右側は1階は居室の2部屋です。


 (2階間取り)


完成分離型だと、もし片方が空いた場合に、

賃貸で貸すことが出来る事です。


そんなことも想定して、世帯と世帯との区切りの壁には、なるべく収納などを配置して、

世帯同士の音が漏れないように設計しました。


実際に建築することがあれば、仕切りの壁は

しっかりと防音をするようです。


高性能グラスウールを入れるだけでもだいぶ違います。


興味のある方はご連絡ください。


明日の日曜日は、同じ場所のD号棟とE号棟で

現地販売会と内覧会を開催してます。


御来場をお待ちしてます。


株式会社宏陽 田島猛

http://www.koyoc.co.jp/index.html 





所沢市 新築建売住宅 le coton上安松A号棟の防音対策

JUGEMテーマ:地域/ローカル 

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


所沢市上安松で6区画の開発現場を販売してます。


 

 A号棟とB号棟が、第二文化幼稚園に隣接してます。



白のフェンスの先が幼稚園の園舎です。


現場にちょくちょく行きますが、

幼稚園の音がうるさく感じたことはありません。


子どもたちがいるのが、幼稚園なので午前中が主だと思います。


私があまり午前中に行くことがないので、

感じないのかもしれません。


ですが、A号棟は用心の為に、通常の建物より、防音対策はしました。



白のフェンスは、積水の遮音フェンスです。


雪の日に撮った写真です。


掃き出し窓は、ガラスが3枚の防犯合わせガラスです。



防犯だけでなく、防音効果もペアガラスよりもあります。


low-Eの遮熱タイプでもあります。


間取り(窓の位置)にも注意しました。



幼稚園側に面の窓は、

高窓のフィクスのみにしました。



次の写真は、ボードを貼る前です。



断熱材は高性能グラスウール105mmを使用してます。

施工もしっかりしてます。


これだけでも、通常の建売より、断熱効果だけでなく、防音効果もあります。



おしゃれで、機能的で、住み心地の良い新築一戸建てです。


毎週土曜日の午前11時半から午後5時まで、

内覧会を開催してます。


来て、体験してください。


また

他の区画は、自由設計で、仕様等も相談しなから、建築を進めます。


お気軽にご相談にください。


株式会社宏陽 田島猛

http://www.koyoc.co.jp/index.html







所沢市上安松B区画 建売住宅 or 建築条件付き売地

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

所沢市上安松で6区画の開発現場があります。

 

 

A号棟だけ建築してます。

 

他の区画は、お客様がついてから、お客様と相談しながら、建築する予定です。 

 

ただ、B区画は建築確認を取得してます。

 

下は、その販売図面です。

 

 

間取りを拡大します。

 

 

上の間取りで、建築確認を取得したのですが、キッチン周りの収納が少ないのが気になり、違う間取りを考えました。

 

 

 

固定階段付きロフト と 2階 は、

同じです。

 

1階を大きく変えました。

 

システムキッチンが2250mmから2550mmにしました。

 

パントリーも設けて、ウォーターサーバーも置くところも確保しました。

 

玄関ポーチのウッドデッキも広げました。

 

貴方はどちらが好きですか?

 

B区画は、建築確認を取得してますが、

そうでなく、建築確認の申請を取り下げ、

自由設計でも対応させて頂きます。

 

A号棟は、ほぼ完成してます。

 

A号棟は販売中ですが、

今はまだ内見できます。

 

お気軽に見に来てください。

 

 

お問合せ先

 

株式会社宏陽 秋津店

武蔵野線「新秋津駅」徒歩2分

電話  042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

担当/田島猛、田島大地

 

新発売 西武池袋線「所沢駅」徒歩9分 133.7坪の土地をどう分割して販売するか?検討中です!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


西武池袋線、西武新宿線「所沢駅」から徒歩9分の土地を販売することになりました。


東側が公道に面しています。


全部で約133.7坪です。


この土地をどのように区割りするか、

迷ってます。


次が一つの案です。




上が北になります。


北側から、

25.70坪、26.00坪、26.00坪、26.00坪、30.00坪の5区画に区割りしました。


これを4区画すると、均等で1区画33.425坪です。これが一番オーソドックな区割りです。


何故、これに躊躇するか?というと下記の理由です。


この土地の価格は、坪85万円を目安にしてます。(実際の販売価格は、これで決定と言うわけではありません。少し安くなるかもしれないです!)


1区画33.425坪だと、

1区画の価格は、2841万1450円になります。


建物、諸経費を含むと、ローコストの住宅でも4000万円を楽に超えます。


土地+建物+諸経費で、4,000万円を超えないようにしたいです。


26坪だと、

1区画の価格は2,210万円です。


これだと、le coton上安松A号棟と同等の仕様で、どうにか3,000万円台におさまりそうです。



(le coton上安松A号棟)


上の写真と同等の仕様で、3000万円台なら

需要があると思います。


26坪の土地にどんな間取りが入るか、

検討してます。


 

 上の間取りで、26.125坪です。


ここは、建ぺい率が60%、容積率が100%です。26.1258坪の家を建てるには、26.00坪の土地ではダメで、土地も26.125坪必要です。



こちらで、延べ床面積が24.9375坪です。


土地の面積を微妙に調整するようです。


そして、土地+建物で、3600万円から3800万円にならないか、検討していきます。


本日は、東所沢で内覧会を開催してます。


所沢市、その近郊で、建物住宅を探している方はご来場ください。


「失敗しない新築建売住宅の取得」のパンフやネットには流しづらい情報もお話もあります。


お気軽にご相談ください。


株式会社宏陽 田島猛

http://www.koyoc.co.jp/index.html 








書籍『小さな家を建てる。』若原一貴著 をマネたい!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の田島猛です。

 

『小さな家を建てる。』という本を読み始めました。

 

 


この本での小さな家は、どのくらいでしょうか?


第5章に「小さな家のプラン集」があり、8軒の間取りが掲載されてます。


延べ床面積が

75平米(22.68坪)〜112平米(33.88坪)です。


大きさ的には、当社の建売住宅と同じです。


筆者は、現在は日本大学芸術学部准教授です。


25年間、住宅の設計に関わってきて、それも建坪10坪ほどの小さな家が多かったと書いてます。


そして「ハウスメーカーや建売りの小規模住宅とは、コンセプトがまったく違います」とも書いてます。


第5章の「小さい家のプラン集」の間取りは確かに普通の建売住宅ではありえないと思います。


ですが、私なら出来そうな気がします。


これらの間取りは見てだけで、楽しくなります。


真似したくなることがたくさんあります。


今やってみたいことの一つは、一般的に条件の悪いと言われている土地に、色々と工夫して住み心地の良い一戸建てを建てることです。


条件の悪い土地は土地の価格が安いです。

土地の形が悪かったり、日当たりが悪かったりです。

そんな土地でも工夫次第で住み心地の良い一戸建てが建てられます。


そうであれば、住み心地の良い家でも、

建売住宅として、販売価格を低く抑える事が

出来ます。


「私なら、出来そうな気がする」と自分を過大評価するようなることを書きましたが、

『小さな家を建てる』に掲載さている家と同等の建売住宅を企画、建築、販売をしたいです。


株式会社宏陽 田島猛


*お客様の住まい方、要望を聞いて間取り等を考えるので、建売住宅というより、建築条件付き売地を建売住宅形式にする形になるのかもしれません。


**本日のゴルフ場の天気予報の結果はこちらをお読みください →→

https://ameblo.jp/koyo-tintai/entry-12581177511.html 




本日の内覧会 東所沢D号棟 来場者特典

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


本日も、11時半から東所沢D号棟に来ています。


内覧会です。

午後5時まで開催してます。



 

 歩いて10分ほどのところに「ところざわサクラタウン」があります。



先週の金曜日に撮った写真です。

左側に半分写っている「角川武蔵野ミュージアム」は6月6日土曜日にプレオープンするようです。

行ってみようと思います。




東所沢D号棟は販売中です。



新型コロナウィルスで外出は控えている方も多いと思いますし、雨の日になかなか内覧会に来られないと予想してます。


昨日は、所沢市上安松A号棟で内覧会を開催してましまが、来場の方は1組でした。



東所沢D号棟の前は家庭菜園です。

作付けの準備をしているようです。


今、勉強している『成功する収納デザイン』に、次の記述があります。


〈 片づいた住まいをつくるためには、適切な「動線」と「収納」の設計が不可欠です。

たとえば洗面室のない階には小さな洗面コーナーを設けるなど生活の動線をスムーズに配し、  以下省略 〉


ですが、なかなか実現出来ません。


しかし、東所沢D号棟には2階も洗面があります。


それも夫婦の部屋の隣りのトイレにあります。



ご夫婦の部屋にはクロゼットとウォーキングクロゼットの両方があります。



大変使いやすい間取りになってます。


とても良い物件です。


東所沢で新築建売業をお探しの方は、

是非ご検討ください。


また、内覧会ご来場の方には下のような特典があります。ご利用ください。



株式会社宏陽 田島猛


スーモによる東所沢D号棟の詳細 →→

https://suumo.jp/sp/ikkodate/saitama/sc_208/pj_91840494/?kbn=2&bkflg=1&bku=%2Fsp%2Fikkodate%2Fsaitama%2Fek_033532060%2F%3Fkamin%3D4000%26kamax%3D4500%26m%255B%255D%3D4%26km%3D1%26sjoken%255B%255D%3D011%26jtflg%3D1&iflg=1 




所沢市の売主物件の新築建売住宅  2種類の引戸

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

本日も、所沢市上安松1258-16の新築建売住宅の内覧会を開催してます。


新型コロナウィルスの現在の状況のみると、開催してもご来場の方々いるかな?と思い、

開催するか迷いましたが、開催してます。


今のところ、ご来場の方はゼロです。


下は内覧会会場のle coton上安松A号棟の2階の間取りです。



2階の居室の入口はすべて引戸です。


引戸の良いところは場所をとらないところです。


ドア(開戸)の良いところは密閉度が高いところです。


使いわければ良いと思います。


上の間取りの「緑丸」と「青丸」は同じ引戸ですが、違います。

どこが違うと思いますか?


写真を載せますので、考えてみてください。


まず緑丸のところの引戸です。





次は青丸のところの引戸です。






緑丸はレール式の引戸で、

青丸は上吊り式引戸です。


その他に違いがあるでしょうか?


緑丸は壁の厚さのなかに戸が引き込まれます。


青は壁の外側です。

アウトセットの引戸と呼んでます。



上から見た図だと下のようになります。


○緑丸の引戸



○青丸の引戸(アウトセットの引戸)





緑丸の引戸の柱は半柱で、壁の厚さも半分です。ですので、そこの壁は耐力壁なりません。

筋交の壁には出来ません。


青丸の引戸(アウトセット)は、壁の外に戸があるので、半柱にしなくても良く、耐力壁にも出来ます。


青丸の引戸のところは、バルコニーのドアと絡んでいます。

バルコニーのドアの為に、半柱にしたく無かったので、アウトセットの引戸を選びました。



この新築建売住宅、le coton上安松A号棟は

色々と特色のある、住み心地の良い一戸建てです。



A号棟は建売住宅ですが、他の区画は自由設計です。


D号棟は予約が入ってますが、他の区画はあります。


間取り、仕様はご相談致します。


資料請求をお待ちしてます。


物件情報(スーモ)

https://suumo.jp/sp/ikkodate/saitama/sc_208/pj_93284823/?vos=ab3207criorm203311000zzz_b2a0140ejo00kc 








東所沢から下安松への新道が本日開通しました!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

今日の午後2時に、東京狭山線の東所沢和田から下安松までが開通しました。


たまたま午後2時前に、当社の東所沢の新築建売現場にいましたので、午後2時に開通場所に行ってました。



上の地図の緑のところが、東京狭山線です。


午後2時前に行くと、お巡りさんが車の通過を制御してました。



通行を待っている車が数台あります。


午後2時過ぎに前の車が動かしました。

その車について新道を通りました。




結構の下り坂です。



あっと言う間に新道を通りました。


開通したことにより、人の流れが変わります。


        *          *         *


東所沢で新築建売住宅を2棟、売地を2区画販売してます。売主物件ですので、仲介手数料は

不要です。


http://www.koyoc.co.jp/baibai/index.html 


株式会社宏陽