宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
所沢市 新築建売住宅  2130万円(税込) 本日上棟!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


埼玉県所沢市を中心に建売住宅の

企画、建築、販売を行なってます。


仲介ですが、企画と販売を任せられた

2130万円の新築建売住宅の上棟が 

本日行われました。

 



 

 《断熱仕様の高い、おしゃれな一戸建て》を

コンセプトに、

当社の秋津店の宅地建物取引士とインテリアコーディネーターの2人に、

仕様、設備を選んでもらいました。


きっと素敵な住宅になります。


2130万円全額を借りても、

毎月の住宅ローンの支払いは

5万円台です。


家賃の支払いと比べてみてください。


資料の請求、お問合せは ↓


株式会社宏陽 秋津店

住所 東京都東村山市秋津町5-12-12 

電話 042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

HP         http://www.koyoc.co.jp/index.html

・建築士 田島猛 

・宅地建物取引士 田島大地

・インテリアコーディネーター 中村恭子




固定階段で上り下りする屋根裏収納 暑い日なのに暑くない!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


埼玉県所沢市を中心に、新築建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


ここにきて、建売、土地の問合せが多くなりました。


本日も、当社が売主の所沢市東所沢3丁目の

E号棟のご案内がありました。


 

 東所沢E号棟の特色はいくつもありますが、

その一つが「固定階段で上り下りする屋根裏収納」です。



上の間取り図は、東所沢E号棟の2階と

屋根裏収納です。




本日、お客様をご案内した時に、

階段、屋根裏収納の窓を全く開けないのに、

1階、2階と比べ、それほど暑く感じませんでした。


今日はとでも暑い日なので、

それなりに暑いのですが、

下の部屋とそれはど違いを感じません。


先日、他社の固定階段で上り下り出来る

屋根裏部屋を見学した時は、

1階、2階と温度差を感じました。


改めて、断熱工事をしっかりしていて  

良かったと思いました。


あまり暑く感じなかった原因は

3ケあります。


一、窓サッシが樹脂サッシである


ニ、窓ガラスが、複層Low-Eガラス(遮熱タイプ)である


そして、一番の原因は屋根裏の断熱です。


屋根裏の断熱の構造は下のようになってます。


空気層(通気層)を設け、その下に断熱工事をします。


東所沢E号棟は、屋根裏の断熱工事は

「アクアフォーム」です。



アクアフォームを160m mの厚さに吹き付けています。


アクアフォーム→https://www.n-aqua.jp/products/aquaform/


アクアフォームのHPを貼り付けました。

興味のある方はご覧ください。


このアクアフォームが屋根裏収納に効果を示しています。



壁のことを忘れていました。

屋根裏収納の壁には、高性能グラスウールが

入ってます。

これも断熱性能を高めています。


*    *    *


東所沢E号棟を内見した方は、

素敵だと言ってくださいます。


販売価格の5080万円は、やはり高価です。


私自身は、6000万円近くの価値はあると

思ってます。 


ですので、5080万円は安いと思います。


しかし、5080万円はなかなか考えてしまうのは分かります。


当社直売ですので、仲介手数料は不要です。


単純に5000万円(税抜き)と仮定して、

仲介手数料を計算すると、

171万6000円です。


この仲介手数料が不要というのは、

大変大きいです。


また、直売のお客様なら、

価格もご相談します。


お問合せをお待ちしてます。



物件の概要

http://www.koyoc.co.jp/baibai/index.html 


お問合せ先


株式会社宏陽 秋津店

住所 東京都東村山市秋津町5-12-12 

電話 042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

HP         http://www.koyoc.co.jp/index.html

・建築士 田島猛 

・宅地建物取引士 田島大地

・インテリアコーディネーター 中村恭子








所沢市牛新築建売住宅 2,130万円(税込)の販売図面が出来ました!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

埼玉県所沢市を中心に建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


ここで、自社の物件ではありませんが、

所沢市牛沼の新築建売住宅の企画と販売を

行ってます。

売主さんが工務店さんなので、今回は企画と販売を担当してます。


その建売住宅の販売図面が今日出来上がりました。


 


この物件の近くに2棟の新築建売住宅があります。当社で紹介(仲介)できます。


駅からの距離は当物件が一番近く、

土地の大きさは二番目で、

間取りは一番だと思います。


「当社物件の徒歩2分ほどにところにある物件」


販売価格 2080万円(外構費別途)




「当社物件より徒歩4分のところにある物件」


販売価格 2,280万円(税込)




「当社の専任媒介の物件」


販売価格  2,130万円(税込)



上の二つは、高級建売住宅と呼んで良い、

程度の高い物件です。


それらに負けないような住宅にしたいと

思ってます。


3件とも紹介できますので、比べて選んで下さい。


ご相談先


株式会社宏陽 秋津店

住所 東京都東村山市秋津町5-12-12 

電話 042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

HP         http://www.koyoc.co.jp/index.html

・建築士 田島猛 

・宅地建物取引士 田島大地

・インテリアコーディネーター 中村恭子





見てるだけで楽しいカタログ『無垢の木の収納』

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

埼玉県所沢市を中心に

建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。

 

ここで

東京都清瀬市、東村山市で新築建売住宅を捜して欲しいと依頼されて、

この数日、他社の新築建売住宅をたくさん

見てまわりました。


色んな意味で参考にもなりました。

良いところはマネさせて頂きます。

 

昨日も、お客様に自社の建売住宅の

所沢市上安松A号棟を内見してもらってから、

東村山市の他社の建売住宅をご案内させて頂きました。


このご案内した建売住宅は、格好良くつくってあります。


ですが、最終的には、土地を探して、建築して欲しいと頼まれてました。


頼んで良かったという結果になるように

頑張ります。


*      *      *


前振りが長くなりましたが、

本日はWOODONEのカタログ

『無垢の木の収納』をご紹介します。


見てるだけで楽しくなります。


これ使いたいな〜というのが沢山あります。



上の写真の棚は、

当社の建売住宅の東所沢E号棟に使ってくれたら、良いな〜と思ってます。





  (東所沢E号棟)



上の写真の仕切りの棚も、

東所沢のリビングで使ったら良いと思います。


(東所沢E号棟)


ダイニングテーブルとリビングソファとの間に置くと、

素敵なだと思います。



次の写真のものも、どこかで使ってみたいです。


ネットで見ることが出来ます。


見るだけで楽しいです。


御覧ください。


https://woodone-catalog-old.gamedios.com/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&catalogCategoryId=&catalogId=9189760000&pageGroupId=16&volumeID=JKN08003&keyword=&categoryID=&sortKey=&sortOrder=&designID=JKND02&designConfirmFlg= 



株式会社宏陽 秋津店

住所  東京都東村山市秋津町5-12-12 

電話  042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

・建築士  田島猛  

・宅地建物取引士  田島大地

・インテリアコーディネーター 中村恭子







所沢市牛沼の新築建売住宅を2,080万円から2,130万円にした訳。

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


埼玉県所沢市を中心に建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


上記の建売住宅は売主の立場で行なっていますが、

今回、縁がありまして、仲介業者として、

所沢市牛沼の建売1棟現場で、

間取りの段階から関わらせていただき、

企画と販売をさせてもらっています。


間取りも決定して、建築確認も申請したので、

具体的な仕様を売主さんと相談しました。


断熱仕様を聞いたところ、通常の建売と同じという答えでした。


通常の建売住宅の断熱仕様は次です。



・屋根(天井)  通常グラスウール 

    密度 10kg/m3    厚さ 100mm


・壁     通常グラスウール

    密度 10kg/m3   厚さ 75mm

   

・床  スタイロフォーム 厚さ 30mm


・サッシ    アルミ


・ガラス  ペアガラス



変更してもらうことにしました。


初期費用はかかりますが、

冷暖房費のランニングコスト、

住み心地を考えたら、

断熱仕様をよくした方が、

断然お得です。


変更仕様は下記になります。



・天井  アクアフォーム 厚さ160mm


・壁      高性能グラスウール

    密度 16kg/m3   厚さ900mm


・床 高品質スタイロフォーム 50mm


・サッシ  樹脂


・ガラス Low-Eのペアガラス


これらをグレードアップするには、

70〜80万円程度します。


そこで、70〜80万円の価格変更でなく、

50万円の価格変更でお願いしました。


その結果、2080万円から2130万円に価格を

変更してもらいました。


本日、スーモにアップしました。


https://suumo.jp/sp/ikkodate/saitama/sc_208/pj_94103924/?kbn=2&bku=%2Fsp%2Fikkodate%2Fsaitama%2Foz_11208005%2F&iflg=1 


株式会社宏陽 秋津店

住所  東京都東村山市秋津町5-12-12 

電話  042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp

・建築士  田島猛  

・宅地建物取引士  田島大地

・インテリアコーディネーター 中村恭子









明日から営業します。お休みの三日間と東所沢

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

三日間のお休みも今日で終わりです。

 

この三日間は、少しの散歩の他は、好きなCDをかけながら、

ひたすら本を読んでいました。

 

外食は、テイクアウトで新所沢の福吉の台湾まぜそばを食べました。

 

 


辛かったですが、美味しかったです。


新型コロナ感染の脅威が無くなり、

お店で磯玉ラーメンが食べたいです。


麺処 福吉

http://tak1010.cocolog-nifty.com/blog/ 


音楽は、久しぶりに聴いたディック リーの

「マッド・チャィナマン」が良かったです。



1989年の作品ですが、

今でも新鮮です。


こちら視聴できます 

https://m.youtube.com/watch?v=CcghneGIfiQ 


明日から営業ですが、

東所沢の新築建売と売地の販売に力を

入れて、完売したいと思ってます。 

金額も含めて、ご相談させて頂きます。




白い建物はD号棟です。

土地 44.00坪

建物 3.12坪

金額 4,180万円

仲介手数料 無し  です。


近隣の建物住宅と比べて、

品質は良く、値段も高くないですが、

値段交渉に対応します。


お気軽にお問合せください。


建築条件無しの売地のA価格、C価格、

新築建売住宅のE号棟も

金額等ご相談ください。


どちらも売主直売ですので、

仲介手数料は不要です。



内見については、

個別で対応致します。

お気軽にお問合せください。


「お問合せ先、ご相談先』


株式会社宏陽 

秋津店

住宅  東村山市秋津町5-12-12

電話  042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp


建築士 田島猛

宅地建物取引士 田島大地

インテリアコーディネーター 中村恭子



4月2日土曜日に東所沢D号棟.E号棟のオープンハウスを開催します!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

埼玉県所沢市を中心に、新築建売住宅の

企画、建築、販売を行なっています。

 

ここしばらく内覧会、オープンハウスを開催してませんでしたが、

明日の午前11時から午後3時まで、

東所沢D号棟、E号棟でオープンハウスを開催します。


 (東所沢D号棟の玄関前)


密にならないように、ご案内します。


正直に言って、もう少し早くお客様がつくかなと思ってました。


  (東所沢D号棟を東から撮影)


近隣の販売中の物件と比べて、決して高くありません。


仕様は優れています。


(D号棟の室内)


ご来場頂けた方には、価格についてご相談させて頂きます。


(E号棟)


ご来場をお待ちしてます。



ご相談先


株式会社宏陽 

秋津店

住宅  東村山市秋津町5-12-12

電話  042-391-2222

メール akitu@koyoc.jp


建築士 田島猛

宅地建物取引士 田島大地

インテリアコーディネーター 中村恭子


所沢市新築建売住宅 上安松D号棟の売買契約が終了しました!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

本日、当社が売主の新築建売住宅のD号棟の契約が無事に終わりました。

 

建売住宅の形式を取ってますが、

間取り、仕様、金額当社を

お客様と何度もやり取りして決めたものです。

 

建築条件付きの販売でしたが、

土地の契約、建物の請負い契約という段取りですなく、

お客様と間取り等を決めて、建築確認を当社が取得して、建売住宅を販売するという形式で契約しました。

 

これは、売主の当社と、買主のお客様との

直接売買だから可能ならことです。

 

なかなかお客様と信頼関係が構築出来ないと

やりにくいです。

 

「建築条件付き土地の契約+建物請負契約」

と「新築建売住宅の売買」を比べると、

「建物住宅」の方が

お客様の住宅ローンの手続きが簡単ですし、

費用もかかりません。

 

ただ、売主のリスクはあるので、

信頼関係がないとなかなか出来ないものです。

 

本日は、午前10時半からの契約の予定でしたが、

天気が悪いので、午後2時から契約しました。

 

買って良かったと思ってもらえるように

格好良く、機能的で、

住み心地の良い住宅をつくっていきます。

 

株式会社宏陽 田島猛

http://www.koyoc.co.jp/baibai/cyokubai/kamiyasumatsu.html 

 

 

 

 

内覧会中止の代わりに、WEB内覧会(1)外周り 所沢市東所沢新築建売住宅

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

新型コロナウィルス感染拡大防止の為に、

内覧会を中止にしてます。

 

リアルな内覧会の代わりに、WEB内覧会を開催します。

 

東所沢D号棟から始めます。

 

 

 

今日は、外周りを紹介します。

 

 

東所沢D号棟は、東所沢の区画整理地内にあります。

 

上の写真の白の建物が東所沢D号棟です。

 

前面道路は、歩道を入れて10mの幅員です。

 

広い道路ですが、車の交通量は大変少ないです。

 

 

D号棟は、いわゆる旗竿地です。

旗竿地は、敷地延長と呼ばれてます。

通路を通った先に土地があります。

この通路の部分は個人の土地です。

 

D号棟の通路の幅は3mあり、普通車が2台楽々駐車できます。

 

旗竿地のメリットは面積に対して、土地が安いことです。

 

このD号棟も土地面積が44坪あります。

 

また、奥まってありますので、プライバシーが確保しやすいです。

 

 

上の写真で分かるように、隣地との間にもゆったりとした空間があります。

自転車を置くにも余裕です。

 

 

玄関前の植栽は良いアクセントになってます。

 

今までの写真と逆に、

玄関先から道路の方を見た写真です。

 

今度の写真は建物の南側です。

南の土地は家庭菜園になってます。

 

 

南側が家庭菜園ですが、目隠しのフェンスがついているので、外からの目線は気になりません。

 

リビングの前です。

夏などは、子どものプールやバーベキューなどで楽しめます。

 

 

このD号棟は初めの売り出しが4.,480万円でした。図面にあるように、現在4,190万円です。

完成が昨年12月です。

このD号棟に関しては、

直接のお客様には、さらに値段の交渉に応じる用意があります。

 

興味ある方はご連絡ください。

 

株式会社宏陽 田島猛

メール akitu@koyoc.jp

電話 042-391-2222

住所 東村山市秋津町5-12-12

所沢市新築建売住宅 売主物件 天空率

JUGEMテーマ:地域/ローカル

株式会社宏陽の代表の田島猛です。

 

埼玉県所沢市を中心に

スタイリシュで、機能的で、住み心地の良い

新築建売住宅の企画、建築、販売を行なってます。


下の写真は、当社の新築建売住宅の

le coton上安松A号棟です。


本日の午後4時に撮影したものです。


東から西に向かって撮りました。


右側のアンティークグリーンの

ラップサイディングの家が当社の建売住宅です。


左側の家と比べて、建物の高さが高いことが分かると思います。


この建物(le coton上安松A号棟)には

固定階段で上り下り出来る屋根裏収納があります。



天井高1.4メートルの屋根裏収納です。

この部屋全部で1.4メートルの天井高になってます。


この建物が建っている地域は、第一種低層住宅専用地域です。


この地域だと、通常だと屋根裏部屋の天井の高さがもっと低くなってしまいます。


部屋全部が1.4メートルでなく、80センチになったり、1メートルになったりします。


また、階段の天井なら高さがとれなくなります。


その為に、建物の高さを高くとりました。


しかし、普通であれば、北側斜線や道路斜線で、そこまで高く出来ません。


そこで2003年から施行された「天空率制度」

を使いました。


天空率とは、

魚眼レンズで空を見上げた「天空図」において、建物の投影されている範囲を除いた空の見える部分の割合がどれくらいかを示す指標です。


などと説明されていますが、


分かったようで分かりません。


天空率制度を使うことによって、

斜線制限が緩和されて、

今までの法的規制では出来ない

デザインの建物が建築出来ます。


天空率計算は、専門の方にお願いするので

1棟当たり10万円から30万円かかります。


また、高くなった分、外壁が余計にかかったりします。


ですが、固定階段で上り下りできる屋根裏収納ができて、良かったです。



株式会社宏陽 田島猛


http://www.koyoc.co.jp/baibai/cyokubai/kamiyasumatsu_a.html