宏陽・社長のブログ

社長が自社建売現場の進行状況など、写真を織り交ぜながらご紹介するブログです。時々私的なお話も…(^_^;)
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
拮抗 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (JUGEMレビュー »)
ディック フランシス,フェリックス フランシス
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
寒くない家 断熱性能と理にかなった施工と販売価格 所沢市 新築建売住宅

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


埼玉県所沢市住んでいますが、朝夕寒くなってきました。


まだ、暖房器具は使ってません。


3日前から、寝るときに、毛布を一枚足しました。とりあえず、薄型羽毛布団の上に掛けました。


それだけで、とてもとても暖かく、とても幸せな気持ちになります。


単純なもので、暖かいだけで、とても幸せな気持ちになります。

ワンコも、私の布団の上で気持ち良さそうです。


ネットで、

「住み心地のいい家とは、家中が寒くない家ではないでしょうか?」という記事を読んでいたら、 下記の文章がありました。


「家の中がホンワカと暖かい気持ちのいい空間をつくるには少しばかりのコツがあります。そのコツはそんなに難しいことではありませんが、プロの業界人はあまり気にしていません。

そのコツは断熱材を隙間なく詰めて窓を断熱強化するというものです。

たった2つのことをきちんとやるだけで家は驚くほど住み心地が良くなります。」


実感として、同意見です。



断熱材と窓のサッシとガラスにお金をかけて、理にあった施工をすれば、

驚くほど住み心地が良くなるのは間違いありません。


当社でも、上の二つのことに取り組んでいて、現在販売中の東所沢 E号棟、le coton上安松A号棟にその成果が結集されていると思います。


○性能の優れた断熱材を使用して、理にかなった施工しました。この理にかなった施工が結構難しいです。


○性能を良くしようとすると、どうしても費用がかかります。新築建売住宅の販売価格を上げたくありません。


会社を存続させる為には、そして良い仕事を続けていく為には、ある程度は利益をあげなければなりません。


販売価格を上げたくないけど、性能も良くしたい、そして利益もある程度確保したい、その矛盾をどう調和させるか、日々考えています。


その一つが、当社の新築建売住宅を直接売却することです。


直売ですと、売主も買主も仲介手数料が不要です。


例えば、


4,000万円(税込 土地2,500万円+建物1,500万円)とします。


仲介手数料は、売主、買主とも

133万6500円(税込)です。


仲介業者が間に入ると、

売主は仲介業者に133万6500円を支払い、

買主も仲介業者に133万6500円を払います。

合計で、267万3000円です。


これが直売なら、

売主は、133万6500円分を断熱の性能を上げるために使えますし、

買主は、4,000万円の物件でなく、4133万円の物件まで、購入を検討することができます。


新築建売住宅の取得に関する疑問、お悩みなどをご相談ください。


誠実に対応


株式会社宏陽 田島猛

http://www.koyoc.co.jp/















11月12日(火).13日(水) 連休致します。

株式会社宏陽の代表の田島猛です。


明日は社員と、東京都台東区の上野に行ってきます。


上野の森美術館で、ゴッホ展を見て、

お昼を食べ、動物園に寄って帰ってきます。


現地集合、現地解散です。


ゴッホ(1853ー1890)展は、楽しみです。


ゴッホ以外にハーグ派のマリス兄弟の絵も展示されるようです。


こちらにも惹かれます。


https://go-go-gogh.jp/constitution_01/ 


ご迷惑をおかけしますが、

連休させて頂きます。


11月14日木曜日は午前9時半より

営業いたします。


株式会社宏陽 田島猛

http://www.koyoc.co.jp/